環境整備の日

今日は

環境整備の

午前でした

なに

環境整備って

仰々しく表現しなくても

単なる

掃除の日なのです

病院付属のグループホーム

掃除の日は

生活支援なんて

呼ばれています

この環境整備なる

プログラムは

毎週一度あって

私は

主に

玄関を

担当しています

しかし

今日は

玄関希望者が

定員オーバーしていたので

ジャンケンとなりました

結局

負けてしまい

一番人気ありそうな

小部屋の掃除を

希望する人が

いなくて

私がやることになりました

敢えて

掃除する必要がない

程度の場所なので

あっという間に

終わらせてしまいました

掃除の後は

お待ちかね

麻雀タイムです

今日は

水曜日なので

Sちゃんと

できます

また

麻雀だけでなく

下らない

ギャグで

笑っています

先陣を切ったのは

私です

レーガン大統領と

プーチン大統領

と言ったら

時代が違うというので

レーニンプーチンじゃだめ?

それには

反応なかったです

それから

CWのYさんの話でも

盛り上がりました

Yさんより

旧姓のOさんが

よかったね

じゃあ

そういってみる?

それより

私の苗字だったら

更に

良いでしょうなんて

Sちゃんが言うものだから

さすがに

そこまで

言ってのける

度胸はありません

CPのY先生とも

話し込みました

CPという

仕事は

頭が良いだけでは

慣れなくて

すきじゃないと

務まらない仕事だと

仰ってました

そういうと

別れた家内が

テレビのクイズ番組で

凄く蘊蓄のある

解答をしている

医学生に対して

こいつ

絶対

臨床にむかないと

レッテルを貼っていたのを

思い出しました

理想論ばかり

唱える

私に向かって

家内は

いつも

あなたは

地に根ざしていないと

揶揄していました

確かに

私の好きな

数学は

虚学なので

地になんか

根ざしていたら

お話になりません

家内とは

元々

水と油のような

関係だったのです

所帯を持っただけでも

奇跡

おまけに

三人も

子供を作って

しまったのですから

奇跡中の奇跡です

30年

家内に片思いでした

今でも

その気持ちに

揺らぎはありません

でも

もう一度

やり直せるかと言ったら

今の気まぐれで

自由な暮らしに

どっぷり浸かってしまっているので

それだけの

気力がありません

そう

それも

理想論なんです

理想の世界なら

何だって出来てしまう

現実の世界には

あり得ないことも

環境整備の日という

話題から

かなりそれた

記事になりましたが

また

明日も

よろしくお願いします